富士葵 シュガーソングとビターステップ 歌詞

富士葵の「シュガーソングとビターステップ」歌詞ページ。
「シュガーソングとビターステップ」は、作詞:田淵智也、作曲:田淵智也。

シュガーソングとビターステップ 歌詞

歌:富士葵

作詞:田淵智也

作曲:田淵智也

超天変地異みたいな狂騒にも慣れて こんな日常を平和と見間違う
rambling coaster 揺さぶられながら 見失えないものは何だ?

平等性原理主義の概念に飲まれて 心までがまるでエトセトラ
大嫌い 大好き ちゃんと喋らなきゃ 人形とさして変わらないし

宵街を行く人だかりは 嬉しそうだったり 寂しそうだったり
コントラストが五線譜を飛び回り 歌とリズムになる

ママレード&シュガーソング、ピーナッツ&ビターステップ
甘くて苦くて目が回りそうです
南南西を目指してパーティを続けよう 世界中を驚かせてしまう夜になる
I feel 上々 連鎖になってリフレクト

蓋然性合理主義の正論に揉まれて 僕らの音楽は道具に成り下がる?
こっちを向いてよ 背を向けないでよ それは正論にならないけど

祭囃子のその後で昂ったままの人 泣き出してしまう人
多分同じだろう でも言葉にしようものなら稚拙が極まれり

最高だってシュガーソング 幸せってビターステップ
死ねない理由をそこに映し出せ
惜しがったって等速で明日は来ちゃうけど
脳内天気予報のアップデートを果たしながら

someday 狂騒が息を潜めても
someday 正論に意味がなくなっても
feeling song & step 鳴らし続けることだけが
僕たちを僕たちたらしめる証明になる、QED!

ママレード&シュガーソング、ピーナッツ&ビターステップ
生きてく理由をそこに映し出せ
北北東は後方へ その距離が誇らしい

世界中を、驚かせ続けよう。

ママレード&シュガーソング、ピーナッツ&ビターステップ
甘くて苦くて目が回りそうです
南南西を目指してパーティを続けよう 世界中を驚かせてしまう夜になる
I feel 上々 連鎖になってリフレクション
goes on 一興去って一難去ってまた一興

文字:
   
位置:
 

シュガーソングとビターステップの収録CD,楽譜,DVD

富士葵の人気歌詞

同名の曲が6曲収録されています。

人気の新着歌詞

香水

瑛人

夜中にいきなりさ いつ空いてるのってLINE君とは...

STRAY SHEEP (アートブック盤(Blu-ray)) (特典なし): 音楽

感電

米津玄師

逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明回り回って虚し...

カイト(通常盤)

カイト

小さな頃に見た 高く飛んでいくカイト離さないよう ...

盗作(通常盤)

思想犯

ヨルシカ

他人に優しいあんたにこの心がわかるものか人を呪うの...

夜に駆ける

YOASOBI

沈むように溶けてゆくように二人だけの空が広がる夜に...

カイト(初回限定盤)(DVD付)

僕らの日々

僕らの日々に 満ち溢れたキセキをいま二人 探しに出...

RUN(初回限定盤A)(DVD付)

RUN

Sexy Zone

夜明けの風に吹かれて どこまでも走り抜けた確かなも...

ドラマ『ウルトラマンZ』オープニングテーマ「ご唱和ください 我の名を! 」

ご唱和ください 我の名を!

遠藤正明

ご唱和ください 我の名を! ウルトラマンZ!!...

HELLO EP[CD+DVD]

HELLO

Official髭男dism

アンバランスなBGM 歌い出した僕らそれだけの事が...

RE:(通常盤)

RE:

SHIN

今落ちてゆく空の下瓦礫の向こうに映る世界へほら...

ヒカリナキセカイ(初回限定盤)(DVD付)

ヒカリナキセカイ

WOMCADOLE

暗闇で過ごす微かな命強がるのは単なる嘘本当は傷...

ドラマ『ウルトラマンZ』エンディングテーマ「Connect the Truth」

Connect the Truth

玉置成実

僕が 伝えてゆく 未来まで一筋の光を繋ぐよ...

アサトヒカリ(通常盤)

アサトヒカリ

C&K

君のことずっと探してた暗い森を彷徨いながらいく...

青炎 (初回生産限定盤B)

青炎

遊助

燃えろ青き炎超えろあの壁を特別な事じゃなく...

キンキラKING! (初回限定盤)

キンキラKING!

はやぶさ

~時は令和の人生さめざせテッペンだキンキラのKIN...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2020 J-Lyric.net