amazarashi 鴉と白鳥 歌詞

amazarashiの「鴉と白鳥」歌詞ページ。
「鴉と白鳥」は、作詞:秋田ひろむ、作曲:秋田ひろむ。

鴉と白鳥 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

際立って透明な 霜が降りる頃 鴉の目玉は瑠璃色
凍てつく寄る辺ない夜を 忌々しく睨み続けたから

街へ降りれば石を投げられて 森では鼻摘まみ者
ほとほと疲れて逃げ込む 納屋で憂鬱を育てた

愛されたいと願うことを 恥じてしまうには十分だった
この長い孤独は

この羽根が黒く染まってしまったのは
妬みで黒ずんだ泉に浸したから
声が酷くしゃがれてしまったのは
憎たらしい人生を 夜通し罵り続けたから

失意のほとりで 出会ったあの人は
桑の実の紅い目玉と白い羽根
陽の光集め 故郷へ帰る旅路の途中

普通じゃないのは人と違うから
人と違う二人が揃えば 僕らだけの普通

その羽根が白く空にはためくのは
故郷の雪景色の天鵞絨を纏うから
僕らきっとどこか似ていた
それはこの地上で 同じ痛みに集うから

「ここにいるべきじゃないよ もっと相応しい場所があるよ」
君はそう言い旅に戻った 白い羽根が空に際立った
同じ色に交れば普通で 他に交れば僕ら除け者
所在変われど僕は変わらず僕である この羽根と等しく
そんな僕を僕は誇るよ

この羽根が黒く 忌まわしくはためくのは
僕が僕である痛みに羽ばたくから
声が酷く耳障りなのは
憎たらしい人生を 未だに罵り続けるから

際立って透明な 霜が降りる頃 白鳥の目玉は紅色
旅路のもの懐かしさと 別れた人に泣き腫らすから

文字:
   
位置:
 

人気の新着歌詞

アルデバラン

AI

君と私は仲良くなれるかなこの世界が終わるその前に...

なんでもないよ、

マカロニえんぴつ

僕には何もないな 参っちまうよもうとっておきのセリ...

沈丁花

DISH//

いつもいつも ありがとうねなんでそれが言えないんだ...

明け星

LiSA

太陽を朱く閉じ込めて車輪(くるま)は何処へ進む...

ワライカタ

夜のひと笑い

「初めまして」「初めまして」居心地いいね悪...

ハート

あいみょん

伝えることが難しいこと近くにいればいるほどなん...

のびしろ

Creepy Nuts

サボり方とか 甘え方とか 逃げ方とか 言い訳のし方とか...

阿修羅ちゃん

Ado

ねえ、あんたわかっちゃいない誰それがお手元の世...

大好物

スピッツ

つまようじでつつくだけで 壊れちゃいそうな部屋から...

こたえあわせ

JUJU

連れ出してこのまま 戻る気はないわはじめての自由と...

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

常緑

大橋ちっぽけ

どうして君のことを想うと唇から歌が溢れるんだろう?...

なにやってもうまくいかない

meiyo

(バカクソゴミクズきちゃない言葉で誰かを傷付けた無...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net