UNISON SQUARE GARDEN 春が来てぼくら 歌詞

UNISON SQUARE GARDENの「春が来てぼくら」歌詞ページ。
「春が来てぼくら」は、作詞:田淵智也、作曲:田淵智也。

春が来てぼくら 歌詞

歌:UNISON SQUARE GARDEN

作詞:田淵智也

作曲:田淵智也

咲き始めたたんぽぽと 雪になりきれずに伝った雫
なんか泣き顔に見えた気がして 思わず傘を差しだす
右左どちらが正解なのか なかなか決められずに道は止まる
けど浮かぶ大切な誰かに悲しい想いはさせない方へと

小さな勇気 前に進め
ちぐはぐなら ナナメ進め
進めたなら 光になれ
コトリ 高鳴りと コトリ 寄り添うように
季節の針は音立てるだろう

また春が来て僕らは新しいページに絵の具を落とす
友達になった、おいしいものを食べた、たまにちょっとケンカをした
それぞれの理由を胸に僕らは何度目かの木漏れ日の中で
間違ってないはずの未来へ向かう
その片道切符が追い風に揺れた今日は 花マルだね

すぐこんがらがって悩んで 幸せなはずがもやついて
またゼロに戻った気がして迷路です
けれどふとしたことで一瞬でほころぶ
そんな風に そんな風に きっとできそうだね

髪型変えて一個パチリ
水たまり踏んで一個パチリ
飛沫が滲んでなんかホロリ
まばたきの数だけ写真になれ

筆を躍らせる僕らはこの時を止めてしまいたくなる
笑顔が溢れて 見たことない色になって 視界に収まらないから
出来上がるページを見る誰かのためを想う そんなんじゃないよね
今じゃなきゃわからない答がある
「わからない」って言うなら 「ざまみろ」って舌を出そう

夢が叶うそんな運命が嘘だとしても
また違う色混ぜて また違う未来を作ろう
神様がほら呆れる頃きっと暖かな風が吹く

また春が来て僕らは ごめんね 欲張ってしまう
新しいと同じ数これまでの大切が続くように、なんて

また春が来て僕らは新しいページに絵の具を落とす
友達になった、おいしいものを食べた、たまにちょっとケンカをした
それぞれの理由を胸に僕らは何度目かの木漏れ日の中で
間違ってないはずの未来へ向かう
その片道切符が揺れたのは
追い風のせいなんだけどさ ちゃんとこの足が選んだ答だから、見守ってて

文字:
   
位置:
 



UNISON SQUARE GARDENの人気歌詞

人気の新着歌詞

天気の子

愛にできることはまだあるかい

RADWIMPS

何も持たずに 生まれ堕ちた僕永遠の隙間で のたうち...

天気の子

風たちの声 (Movie edit)

RADWIMPS

風が僕らの前で急に舵を切ったのを感じた午後今ならど...

aurora arc (通常盤)

新世界

BUMP OF CHICKEN

君と会った時 僕の今日までが意味を貰ったよ頭良...

ドレミソラシド (通常盤) (特典なし)

ドレミソラシド

日向坂46

オオオ…ドレミ ドレミ ドレミレミ ドレミ...

aurora arc (通常盤)

月虹

BUMP OF CHICKEN

夜明けよりも手前側 星空のインクの中落として見失っ...

Hot Hot Hot / ミラーズ

Hot Hot Hot

東方神起

Day to day, Wave に呑まれて僕らま...

【メーカー特典あり】 VS (通常盤) (オリジナルステッカー付)

VS

ポルノグラフィティ

あれは遠い夏の日のシンキロウこだまする友の声ほ...

I am I【通常盤】(CD)

I am I

大原櫻子

さようなら 昨日までの完璧なる私冒険するために...

brave up!! feat.DJ KOO

lol

the wait is over 飛び出す導くmy...

君がいて欲しい

田村心

苛立つ 喧騒の中探して歩く何かをSo I'm ...

NO GIRL NO CRY

Poppin'Party×SILENT SIREN

女の子はいつだって!心臓(Heart!)どきどき(...

ハッピーデイズ!!!

民謡ガールズ

はちゃめちゃ多忙な毎日をパワーで突っ走れ!(Let...

834.194 (通常盤[2CD]) (特典 ~VISUAL&TALK SESSION応募抽選ハガキ~付)

忘れられないの

サカナクション

忘れられないの春風で揺れる花手を振る君...

アドレセンス

吉野裕行

愛しい人とぶつけあった想いは今頃どこにいるんだろう...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2019 J-Lyric.net