GReeeeN 光 歌詞

GReeeeNの「光」歌詞ページ。
「光」は、作詞:GReeeeN、作曲:GReeeeN。

光 歌詞

歌:GReeeeN

作詞:GReeeeN

作曲:GReeeeN

走り出して さぁ今 前に進み出せば
果てしなく行けるはず もっと遠くへ
走り疲れた日や 闇に迷っていた日は
光差し 糧となり 誇れる

毎日何かを探して 描いた未来像話して
はたして、その夢は叶って うまくいってるかはまだ未定
大人になっていくたびに こだわりだして行く旅路
真実を教えて金田一 悩み疲れた日々
大事な意思 たえず忘れず
「大志を抱け!!」と昔から言っていた偉人
fight!! と毎度 言い聞かせ何より
tightに日々 ride on
いつか行こう 夢見ていた ZION

羽ひらいて さぁ今 高く舞い上がれば
果てしなく飛べるはず 空の向こうまで
汗をかいていた日や 雨が降っていた日は
晴れ渡り 花が咲き続ける

何故つまずいたか振り返る
大切!!たえず汗水かいてく
ガンバルことを知らなくて
人にガンバレなんて言えなくて
説得力がなさすぎて。。。
部屋に閉じこもって マイナスに思って
たまに落ち込んで しゃがみこんで
好き勝手やって見失って
「無理だって、、、」あとから「スイマセン」
そんなのダサすぎて。。。

走り出して さぁ今 前に進み出せば
果てしなく行けるはず もっと遠くへ
走り疲れた日や 闇に迷っていた日は
光差し 糧となり 誇れる

どこまでも続く長い旅で
「終わりなんてあるわけない」と決めつけかけてた
「このままでいいや」なんて思っていた
変えられるのは自分しかいない!!!

羽ひらいて さぁ今 高く舞い上がれば
果てしなく飛べるはず 空の向こうまで
汗をかいていた日や 雨が降っていた日は
晴れ渡り 花が咲き続ける

文字:
   
位置:
 



光の収録CD,楽譜,DVD

GReeeeNの人気歌詞

同名の曲が86曲収録されています。

(宇多田ヒカル)

(RADWIMPS)

(Hilcrhyme)

(嵐)

(シド)

(BREAKERZ)

(andymori)

(コブクロ)

(銀杏BOYZ)

(當山みれい)

「光」で検索する

人気の新着歌詞

King Gnu

さよならハイになったふりしたって心模様は土砂降...

馬と鹿 (通常盤) (ラバーバンド付)

馬と鹿

米津玄師

歪んで傷だらけの春麻酔も打たずに歩いた体の奥底...

ズルいよ ズルいね (通常盤) (特典なし)

ズルいよ ズルいね

=LOVE

(ズルいよ) こんな気持ち 二度とないでしょう(ズ...

RILY(CD+DVD)(オリジナルポスター(A3サイズ / 1種)付)

RILY

RYUJI IMAICHI

魅惑のリップ求めて飛び込むミッドナイト穏やかじゃな...

KOKORO Magic “A to Z

KOKORO Magic“A to Z”

Aqours

なんでもないような毎日(でも?)きっかけひとつあっ...

遮二無二 生きる! / バスタブ・アロマティック

遮二無二、生きる!

わーすた

「あっちだ」「こっちだ」どっちよ?Heart のお...

VOXers (通常盤) (「VOXers」デカジャケット付)

VOXers

ゴスペラーズ

嗚呼 闘いの果て掴んでも 消えるまぼろし終わり...

Here comes The SUN

仲村宗悟

鮮やかなメロディー 季節の風を纏い 僕を呼んでいる...

Destiny

小倉唯

運命を共に紡ぎ合おう私達の大事な未来へWo...

好き好き好き(CD)

好き好き好き

與真司郎(AAA)×青山テルマ

「バイバイ」最後の電話 今でも思い出すよ引き止...

麒麟の子 / Honey Honey 3枚セット(初回限定盤A+初回限定盤B+通常盤)(「麒麟の子 / Honey Honey」映像視聴シリアルコード付きスペシャルブックレット付き)

麒麟の子

Sexy Zone

みっつ数えるから その間に並ばなくちゃ ダメな子で...

Welcome to the GLORIA!

THRIVE

Welcome to the GLORIA!終わら...

Can now,Can now

Study

Can not?Can not?出来ないの?C...

TSUGARU

吉幾三

おめだの爺(じ)コ婆々(ばば) どしてらば?俺(お...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2019 J-Lyric.net